さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


モモレンジャーのやや貧日記 › 杉山小弥花 › 長のご愛顧ありがとうございました

2008年08月06日

長のご愛顧ありがとうございました

本日発売のミステリーボニータに当世白浪気質の
最終回が掲載されています。
よろしければお手に取って見てください。


始めは一話読み切りだったので、続いても
二、三話だろうと高をくくって
(三、四話が連続掲載だったので、
四話で終わりだろうと思っていた)
この時代を選んだのも、

泥棒→ハイテク犯罪とかわかんないや(ヾノ・∀・`)ムリムリ
時代→明治大正とかわかんないや(ヾノ・∀・`)ムリムリ

で戦後なら今とたいしてかわんないんじゃね?(゜з゜)イインデネーノ?
とか知らないからこそ適当に決めたことが、
後になって知らないだけに激しく自分の首を絞める
ことになるとはまさに絵に描いたような自業自得。

考えてみたら昭和と盗人なら
戦前のが乱歩的で美味しかったような…
なんという設定ミス



人気も反響も売り上げもないないづくしで
担当さんの胃はさぞキリキリしたろうと
思いますが、私は自由にやらせて頂いて
とても楽しかったです。

ももふみさんや栗さんやhirokokさんの好意に甘えきって
結局一話から最終回まですべて手伝ってもらいました。
(栗さんの友達にまでセリフを入れてもらうという
始末…)
しばらく会ってない友達にまでブログで宣伝してもらって
申し訳なくありがたし。
ももふみさんが修羅場の時は
秋田まで手伝いに行くよ!


最後に、この物語に付き合って下すった
読者の皆様、おかげさまで3巻も発売して頂けることに
なりました。
ありがとうございました。

再びお目もじ叶って読んでいただければ
幸いです。

それでは。




あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(杉山小弥花)の記事画像
『明治失業忍法帖』
発売日なので
自宅で簡単低収入
色々と発売日
宣伝工作
ちょこっと宣伝…
同じカテゴリー(杉山小弥花)の記事
 『明治失業忍法帖』 (2011-02-09 20:39)
 回線接続バカテンポ (2010-04-24 14:29)
 ボスの日 (2008-10-16 23:07)
 ロールケーキの日 (2008-06-07 23:29)
 アトムの誕生日 (2008-04-07 21:12)
 発売日なので (2008-03-14 22:05)

この記事へのコメント
最終回、どの頁も読み応えがあって何度も読み返しました。

時代設定はそうとは知らず、とてもしっかりしていて杉山先生の戦後への視点とかそういうところも含めて当世~が好きです。

他の周りの人々との掛け合いも好きだったので、もう読めないかと思うと残念ですが、あのふたりらしいラストで満足しました。
そしてウタちゃん・清正・・・いいシーンがあって嬉しかったです。

3巻は10月発売。そして次回作は1月号からということで、これからも期待しています。

暑い日々が続いていますがお身体御自愛下さい☆
Posted by sakura at 2008年08月06日 21:56
杉山先生、お疲れ様でした。
本当によい作品をありがとうございました☆

ないないづくしなんて、そんなこと絶対にありませんよ。
まわりでは評判高かったですし。

最終回は、甘酸っぱくて、あたたかくて、もうこの先を読めないのかと思うと、切なくて。。。。
いろんな思いで拝見させていただきました。

10月の発売、楽しみにしています♪
Posted by ein at 2008年08月07日 18:20
>sakuraさん

感想くださってありがとうございました(´∀`*)

この漫画も色々な見方があるうちの一つに過ぎませんが
知らないことばかりで勉強するのが私も楽しかったです。

ウタちゃんはどうしても私も最後出したくて・・・
周りの人たちには「東一はどうした」と言われてしまい
ましたが(笑

次回作がおもしろそうだと思ったら
また読んでみて下さいね!

>einさん

最後まで読んでくださってありがとうございました。
einさんのお友達は皆いい人ばかりですね( 笑

最終回楽しんでいただけてよかったです。
最後の2Pのバカップルぽいところが何となく
私も好きです。

10月書店で見かけたときはお手にとって見てくださいね!
Posted by さや~ん at 2008年08月07日 22:46
杉山先生はじめまして。緊張ながら書き込みさせていただきます!
素晴らしい最終回をありがとうございました!
2巻を読み終わったときに「千越ちゃんがかわいそう・・・!(涙)」
とうるうるしていたので、本当にハッピーエンドで私も幸せでした!

当世白浪気質は偶然一年位前に出会った作品だったんですが
初めて読んだとき、「お話の構成がすごい!」と感動して以来、
夢中になって読んでいました。母にも勧めてハマらせましたw
最近の少女マンガの中でも抜き出た実力の作品だと思っております。
新しい作品と3巻を楽しみにしつつ、これからも応援させてください!
母も私も応援しております!!大好きです!
Posted by rico at 2008年08月08日 11:02
はじめまして
とうとう終わってしまったんですね
長いことお疲れ様でした

初回の話からすごくのめり込めました
杉山先生の他の作品を探したんですが見つからず
ボニータの出るのを待つしか無いのが歯がゆかったです。
反響無い事ないと思います
結構注目されてると思うのですけど
雑誌がマイナーだから損してるような気はしますが

なんといっても言葉の選び方がとても好きです
人柄の書き分けがすごく上手いなぁって思ってます

個人的には東一君のこれからが気になります
それと虎之助の父とか・・・「またね」が有るのかなとか

単行本読んでて??な感じがするのは微妙に書き換えてるんですね
でも取りあえず保存用買っとこうと思ったのは初めてですよ

がんばっていっぱい書いてくださいね
とても楽しみにしてますから
Posted by ハル at 2008年08月09日 17:53
>ricoさん

ricoさんはじめまして
最終回喜んでいただけて安堵しました。
お母様にまで薦めてもらってありがとうございます
(*/∀\*)

私はページ内でまとめるのは得意なのですが、
詰め込まねばいけなくなるため
セリフが異常に多くなるという欠点が(笑

次作ではもう少し読みやすくなるよう
努力しますので、また読んでみてくださいね!

>ハルさん

はじめまして。
書き込みありがとうございます!
たくさんの方に読んでいただいていたのだ
なあ・・・今になって実感しました(∀`*)ゞ

東一の今後はきっとざくざく金をもうけて成り上がって
そうですね。虎の父も、ページがあれば最終回ちょっと
出したかったです。

今回は単行本の発売が早く、資料もあとからいいのが
見つかった!ということもないので
(誤植や絵の直しはちょっとしますけど)
殆ど変更はないと思いますから、雑誌だけで大丈夫です。
散財させてスミマセン!

次作も頑張ります。
面白いと思ったらまた読んでみてくださいね!
Posted by さや~ん at 2008年08月09日 20:23
HN変えましたー。
トラが好きだと叫んでいた者です。
誰だかわからなかったらすみません・・・


遅ればせながら最終回お疲れ様でした。
ハッピーエンドで本当に良かったです。

最終回の知らせを見たショックは今でも忘れませんが、すべてのものには必ず終わりがあるんだと無理矢理自分を納得させました。

悲しんでいてばかりではいけませんよね。
3巻&次作を心待ちにしています。

ではまた。
Posted by 智 at 2008年08月10日 14:52
>智さん

大丈夫ですトラが好きだと言ってくれる
方はあまりいませんから(笑


最後までお付き合いいただいてありがとう
ございます!

もうこの二人を描くことはないと思うと淋しくもありますが
ようやく幸せにしてあげられてホッとしました(´∀`*)

次作はもっと好きになってもらえるように
頑張りますので、またお手に取ってみてもらえたら
嬉しいです。
Posted by さや~ん at 2008年08月11日 23:07
杉山先生、はじめまして、連載おつかれさまでした。ないないづくしの、とおっしゃる理由がよくわからないほど、おもしろい作品ありがとうございました。一巻の表紙の千越がかわいらしく、表紙買いしてしまったのですが、史実や風俗の知識もすばらしく、また少女マンガがひさしくわすれているときめきや恋心も描けていて、毎回とても楽しみに読ませていただきました。応援しなくてはと思い、アンケート葉書を出したりしていたら、カラーもついて、印刷も美しい回もあり、人気がでてきたんだなとうれしく思っていたのですが、終わってしまったのはとても残念です。千越とトラは、古美術商にでもなって、千越がときどき縫物をするような、でもかかあ天下のかわいい夫婦になるのでしょうか。ほんのすこしでも、単行本でもふたりやそのほかのキャラのその後のことなど書いてくださるとうれしいです。次回作もがんばってください、初の単行本がこれだけおもしろいのですから、期待しています!
Posted by 霞 at 2008年08月13日 23:17
>霞さん

はじめまして。拙い作品ですが読んで下すってありがとう
ございました!
アンケートまで出して頂いてなんとお礼してよいやら( ;∀;)
読者プレゼント私が贈りたいくらいです。

カラーを描かせていただいたのは、霞さんや読んでくださる
方のお陰ですね。

トラと千越はかかあ天下あいそうですね(笑
おまけページがつけばその後も描いてみたいです。

次回作も面白いと思ってもらえるものが
描きたいです。また見かけたら読んでみてください!
Posted by さや~ん at 2008年08月14日 01:56
初めまして、今回初めて書き込みさせて頂きます、dahliaと申します。先生の作品は、ずっと雑誌の方で読ませて頂いていて、私の中で『当世白浪気質』は一番好きな作品でした。先日、一巻、二巻と単行本を手に入れることができ、今とても嬉しいこと事うえないです。
最終回、二人の行く末がああいった形で締めくくられて、後味も良く、素晴らしい結末だったと思います。長い間お疲れ様でした。
もう、この作品が終わりだと思うと、(千越にもトラにも会えないと思うと)かなり寂しく想いますが、また次回作を楽しみにしております。
三巻の発売も楽しみだし(^ω^ヘ)(ノ^ω^)

これからも頑張ってください!応援しております。
Posted by dahlia at 2008年08月14日 17:52
>dahliaさん

初めまして。コメントありがとうございます!
返事が遅くなってゴメンナサイ。

私の本はあまり本屋で見かけないので
申し訳ないです(ノ´∀`*)

最終回を迎えたと思うと私も
なんだかさびしいですが、
これ以上続くと三十路と二十歳すぎになって
少女マンガじゃなくなりますしね(笑

次回作もまた読んでみて
もらえるよう頑張ります!
Posted by さや~ん at 2008年08月18日 19:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
長のご愛顧ありがとうございました
    コメント(12)