さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


モモレンジャーのやや貧日記 › 瀬川さん/将棋 › 『後手という生き方』/瀬川晶司

2007年03月23日

『後手という生き方』/瀬川晶司

「遅咲きの花」という言葉が大好きです。
「最年少記録」より「最年長記録」

瀬川さんは、私が「こういう人を応援したい、自分自身の希望のためにも」という権化ですね。夢を諦められない人たちの希望の星です。

この本もまた、傍らに置いて、やる気を得たい時に開くものになるでしょう。

特に好きな章は「プロの執念」で、
読む方はそれぞれ、自分の分野と重ね合わせて読むのだと思います。
本に出てくる「アマチュアだったら明日の仕事にも差し支えるしこの一問が解けなくても寝る方が大事だが、プロはその一問が解けないのに寝るわけには行かない、徹夜してでも解かないと」という部分に深く考えさせられます。

何よりも睡眠を取ってしまう自分には耳の痛いことであります…。

ところで、先日渡辺明竜王がコンピュータの”ボナンザ”に勝ったのには嬉しく思いました。
コンピュータには負けて欲しくないですね。
プログラムしているのは人間とはいえ。
囲碁を誇りに思うのは、コンピュータでは1級程度のプログラムしか組めないらしいということです。
囲碁は感覚によるところが大きく、特に序盤は読みきれるものではない。

「話を考える」ということと「囲碁(瀬川さんは将棋ですが)の手を読む」というのはよく似ていると思っていて、例えば囲碁の初手は19×19=361通り、2手目は361×360通り(?)なんだかよくわからなくなってきましたが、3手目は361×360×359…(本当かな…)

わかりませんが、とにかく手筋は無限になっていきます。

話を考えるのも、ささやかな一コマを変えることからその後の変化は無限であり、その中から、最善の一手を選び出す、その事に妥協することをしないのがプロだろうなあと思うのですが、自分の意識の中で少しでもプロらしくなっていければ良いなあと思っています。


碁の方は最近は師匠に9子置きでアドバイスなしの勝負をやっていますが、ぼろぼろにやられています。
さすがに悔しいので、それは良いことかなと。



友達の友達を通して『近代将棋』会長さんの誕生パーティ参加のお話をいただいたのですが、会社のボーリング大会の日と重なっており、泣く泣く断念。
「瀬川さんが来るよ」という言葉に「場違いでも構わんっ」、と参加する気を起こしていたのですが…。
(み)に「その悔しさをピンにぶつけろ」と言われました。
ぶつけてやる~~。



あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(瀬川さん/将棋)の記事画像
ハム将棋の記録
勝った!
名人戦
同じカテゴリー(瀬川さん/将棋)の記事
 出て来たあ~~~ (2010-08-22 10:33)
 ゴキゲン中飛車 (2010-03-23 10:15)
 ハム将棋の記録 (2009-07-23 20:17)
 勝った! (2009-07-22 17:27)
 はじめてのハム将棋 (2009-07-22 14:19)
 名人戦 (2009-05-08 09:24)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『後手という生き方』/瀬川晶司
    コメント(0)