さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2007年03月21日

志野と織部

今日は出光美術館に『志野と織部』展を見に行ってきました。



美術館はそれほど混んでいず、ゆとりのある中作品数は豊富で、ゆっくりじっくり見ることができました。
そして見終った後はビルの9階から、皇居を眺めながら無料のお茶コーナーがあり、ついついの~んびりしてしまいます。
良い美術館で、とても気に入りました。

(ゆ)さんは「喋りすぎてごめんね」と言っていたのですが、もちろんそれを期待していたわけで。
日ごろから芸能人の名前でもひとつあげるとそれに関する情報が20くらい怒涛のように流れ出てくる(ゆ)さんは、凄すぎて最後には笑ってしまうのですが、お茶は(ゆ)さんのもっとも得意とするところ、ほとんどガイドさんのように、いろいろ説明していただきました。

見ると言っても、「かわいいからこれ好き」とか「この模様がいい感じ」とか、そんな感じで見ています。
お茶碗は使いやすいかどうかをいろいろ話しながら見ていました。

志野は女性好みのやわらかい絵柄が多く、織部はユニーク。
ついつい『へうげもの』の織部が頭をよぎります。
本当に、子どもの落書きのような模様がたくさんあり、楽しくなってしまいます。

ミュージアムショップも魅力的な品物が多く、チケットなどを入れるのに良さそうな小さいサイズのクリアファイルには感激しました。
後は仙厓のハガキを何枚か。
出光美術館は仙厓のコレクションで有名で、私のお茶の先生も仙厓が大好きでお持ちなので、親しむ機会の多いものですが、何とも言えない親しみやすさととぼけた脱力感が◎

「一円相」のレプリカが欲しい~と思いました。

「これくふて茶のめ」と書いてあります。

それから日比谷シャンテで東南アジア料理を食べてきました。
休日らしい、良い一日でした。

今はフィギュアスケートを観ています。
ジェフリー・バトル、カッコイイなあ~icon06

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(お茶/きもの)の記事画像
携帯用
お茶杓作り
池上梅園でお茶会
お茶ってなんだろう
同じカテゴリー(お茶/きもの)の記事
 おとんと茶会 (2011-02-05 09:47)
 お釈迦さまの弟子の一人は、 (2010-09-11 20:23)
 携帯用 (2008-09-19 20:17)
 さむさむさむ (2008-01-13 18:27)
 お茶杓作り (2007-11-03 20:11)
 胡坐でお手前… (2007-05-09 20:40)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
志野と織部
    コメント(0)